「まっとうな金額で買取をする楽器店を作りたい。」 

Qsic_店舗画像1

16年前。
まだQsicが生まれる前の話です。

私もバンド活動を通じて楽器の売り買いを経験しておりましたが、
「そんな値段にしかならないの?」
と思うことがしばしばありました。

当時はヤフオクに人気が出始めた頃です。

「個人でさえこの値段で売れるのだから、もっと高い金額で買取をしても問題ないのではなかろうか。
なぜこんなにも低い価格で世の中は納得しているのだろう?」

ミュージシャンにとって楽器の買い替え(持ち替え)は極めて重要なこと。
必要な楽器を手にするハードルが下がれば、もっと音楽をしやすい環境を作ることができる。

創業のきっかけは、このような想いからでした。

しかし
創業後すぐに、これよりも大切なことに気が付きました。

可能な限り買取価格を高めることはもちろんのことですが、「価格以外の面でもお客様の納得・満足を高めること」が大事だということです。

これに気が付いてからは、業界の中でもいち早く多くのことに取り組んできました。

Qsic_店舗画像2

例えば、

■買取時:「買取上限価格」という表現の撤廃。

最初10万円→検品して6万円という価格の伝え方を最初から取り入れませんでした。

当店は最初から状態をお伺いし、6万円前後と言います。
当時はこんな手法がなかったものですから、ほとんどのお客様が10万円という店に流れていきました。

しかし徐々に「言ったことが変わらないから信用して預けられる」と仰っていただけるお客様が増えてまいりました。

■販売時:どんな理由でも返品をOKにする。

ネットで楽器を購入する際の最大の不安は、「自分に合わないかもしれない」ではないでしょうか。

演奏される方には、同じモデルでも全く別物と言ってよいほど個性があることは周知の通りでしょう。
それが面白いところでもありますが、安い買い物ではありません。

この不安をなくすために、どんな理由でもノーリスクで返品が可能なサービスを作りました。
(当店の「納得購入サポート」は、手数料や送料も全てお返ししています。)

色や触感に対しての個人差が激しく、個体差があり、しかも中古で、これをやろうという時は店の中からすらも反対がありました。

しかし、
・お客様が納得・満足のいく説明・クオリティが最初からできていれば、返品されることはない。
・返品があった場合はその理由を真摯に改善すれば、私たちはさらに成長を続けられる。
・これに取り組まないということは、現実から逃げるということか?

この意気込みを知れば反対の声はなくなりました。
今ではQsicの代表的なサービスです。

—————

これらは一例ですが、
このような想いで、一人でも多くのお客様に楽器との良い出会いと別れを経験していただきたいと考えております。

また、当店をご利用いただいたお客様でご不満を感じた方がおられましたら、これは私たちの至らぬところでございます。
思ってはいるができていないということです。

まだまだ完全には程遠いと自覚しております。
これからも精進してまいります。

Qsic_店舗画像3

このような私たちですが、
ただいま、ウィンターセールを開催しております。

想定外のこともたくさん強いられた一年でしたが、ぐっとこらえて頑張ってきたご自身にご褒美はいかがでしょうか?

今年は忘年会や新年会も難しくなることと思います。
ご自宅でのお楽しみにアクセントをお添えできると幸いでございます。

https://www.qsic.jp/?mode=grp&gid=201863

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*