【入荷特報】世界屈指のハイエンドベース!Ken Smith CR5VE-EM が衝撃の入荷! 

Ken Smith CR5VE-EM

Ken Smithのなかでも、あまり市場に出回っていない、CR5VE-EMを買い取りさせていただきました。
世界的大御所ベーシストである、チャック・レイニー氏のモデル

店頭に展示のケンスミス シーアールファイブ ブイイー イーエム

プレイコンディションは良好。
弾き傷などが多少ございますが、それは、しっかりと弾かれていた証拠といってもいいでしょう。
もちろん一点ものでございます!

多弦ベース製作の先駆者でもある、Ken Smith。
34インチネックでありながら、ここまで豊かなLow-Bのトーンを持つのはKen Smithならではといえます。

また、Ken Smithは、ウッドコレクターでもあり、一流の楽器メーカーに木材を卸しているほど。
丸太の状態で材を仕入れ・加工しているというところからも、材に対する強いこだわりがうかがえます。
また、材の選定に関しても、楽器製作に入る前に、サウンドをイメージした上で決める、という徹底したこだわりぶり。
明瞭な音の輪郭、伸びのある美しい倍音、それでいて太い低音。
綿密に計算されて得られた音は、そういった材の仕入れや選定にこだわっているからこそ、できたサウンドなのでしょう。
そのサウンドは、Ken Smithならではでありながら、多くのベーシストから愛されています。

こちらのKen Smith CR5VE-EMは、ネックとボディのジョイントが、ボルトオン構造になっております。

ケンスミス シーアールファイブ ブイイー イーエムのボルトオン部分

ボルトオンのサウンドは一般的に、シャープでパンチのあるサウンドと言われますが、そこはKen Smith。
スルーネックのような、長いサスティーンも伴わせています。

ネックには一部、グラファイトが使用されているので、温度や湿度変化が激しい日本でも安心してお使いいただけます。

ケンスミス シーアールファイブ ブイイー イーエムのネックの裏

指板には、Macassar Ebonyを使う事で、均一でレンジの広いサウンドになっています。
Ken Smithサウンドを表現する際の「ケロケロ感」は、やや控えめで、より自然な印象です。

それでは、お待ちかねのサウンドレビューをいたしましょう!

Ken Smith CR5VE-EMのサウンドチェック

Sample1(EQ Through)
  • (WAV)

  • (MP3)

Sample2(Active)
  • (WAV)

  • (MP3)

Sample3(Active)
  • (WAV)

  • (MP3)

ケロケロしすぎず、それでいてしっかりとKen Smithのサウンドなところは流石という印象です。

この商品、そうそう中古で入ってくることもございませんので、見つけた今がチャンス!

Qsicは、ビギナー向けからプロ仕様まで、幅広く楽器や機材を買い取りさせていただいています。
ぜひ今後も入荷特報にご注目ください!

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)


※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Ken Smith CR5VE-EM 【返品OK】[RG754]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

無料査定フォーム

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*