変わるもの・変わらないもの 

2020年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

この投稿をお読みいただいている方は既にお願いに及ばずかと思いますが笑、
本年もどうかご贔屓に賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

本年度の店のテーマは、
取り扱い点数を伸ばしていくという点については引き続き取り組んで参りますが、これだけでなく

  • その商品やサービスの質
  • お客様により一層喜んでいただけること
  • 「他の楽器店にはなく、Qsicならできること」

をどれだけ向上していけるかを課題に加えます。

楽器店としておこなっていることや、楽器店の店員という概念は根本的に必須ですが、
時としてこれに縛られすぎてしまうと、創造的・感動的なことは生まれにくいかもしれません。

また、このような時代において柔軟な発想は不可欠と言って当然とも考えております。

スタッフレベルにおいて「自分ならできること」を一人ひとりが考え実行できるような、
強いチーム=頼れる店の礎を作り、お客様には十分にご満足していただける店になっていく責任を感じております。

今年は節目の年でございます。
3月には創業15年、4月には店舗開店から10周年を迎えます。

いつの時代にも課題は変わらないことが、人間たる所以でしょうか。
科学や技術はどんどん革新され上書きされていきますが、
人の成長や理解はその人の中で熟成される必要があります。
楽器の演奏も店作りも、似たようなことがあるのかと思います。

どれだけ規模が大きくなろうとも、時間が経過しようとも、
楽器を愛する皆さまが真当なサービスを受けられるように。
この創業理念を忘れず、馴れず、驕らず、本年も前進して参りたいと考えています。

お選びいただけている皆様のおかげを持ちまして本年もこのような目標を掲げ、営業を開始することができております。
末尾とはなりましたが、心よりの感謝と皆様のより一層のご発展・ご多幸をお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*