ドラムスティックについて考える~素材編~ 

ドラマーにっとて必要不可欠な機材、ドラムスティック。
ライブハウスやリハーサルスタジオには、ドラムセットからペダルまで借りれるところがほとんどなのでスティックさえ持っていれば演奏が可能です。
逆になければドラムが叩けない、そんな最重要機材(笑)の素材を紹介したいと思います。

ドラムスティックは主に木材で作られており、サウンドは素材、チップの形状、長さや太さで変化します。
短く細いものはコントロールしやすく繊細なプレイに合い、太く長いものは音量が出しやすくパワフルなプレイに合う。と言われています。

ヒッコリー

ドラムステックでは最もポピュラーなクルミ科の樹木、各メーカーのバリエーションが多い。
適度な重量と硬さがあり、サウンドも癖がなくラウドなロックから繊細なジャズまでオールジャンル対応の定番の素材です。
リムに当たる部分がどんどんささくれていきますが中々折れず耐久性も十分。

特にこだわりがない、何から試せばいいかわからない、という方はまずヒッコリーのモデルの中から選んでおくと間違いないでしょう。

オーク

ヒッコリーに比べるとかなり重く硬い木材、パワフルで重たい出音で音圧を出したい方にオススメ。
硬さがあるので耐久性には優れますがヒッコリーに比べしならないので限界を迎えると突然折れてしまったりします。

オークのスティックだけではありませんが、かなり重量があるので手首痛めないように注意が必要です。

メイプル

おいしいシロップで有名なメイプル、フェンダー系ギターのネック材に使われていたりと馴染みの深く、特性としては軽く硬い木材。
コントロールしやすくシンバルの響きが美しく、ジャズやアコースティック系のドラマーに人気があります。

ただし耐久性には欠け、ほかの素材に比べると折れやすいので予備の気持ち多めに持っておいたほうが吉ですね。

基本的には上記の3つが代表的なものですが、その他にもバーチ、カーボン、AHEADのアルミを主成分にした合金などいろいろな素材のものが発売されています。
ギターのピックのように安いものではありませんがいつもと違うスティックを試してみても面白いかもしれませんね。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*