驚きの手軽さ!厄介なビグスビーの弦交換が簡単に出来てしまう裏ワザ 

ビグスビー弦張る前

ビグスビー搭載のギターをお持ちの方はお分かりかと思いますが、弦交換が非常に厄介ですよね。

弦を張ろうとしてもペグを回しているうちにボールエンドがすぐに外れてしまい、なかなか張ることが出来ません。

これには我々スタッフでさえいつも頭を悩まされるのですが、実はある方法を使えばビグスビーの弦でも簡単に張る事が出来るのです。

今回はその方法をご紹介したいと思います。

やり方

1、まず弦とクロスを用意します。クロスはギターのクリーニングに使っているもので構いません。

2、次に、弦を取り付けるバーとボディの隙間に、その幅に折ったクロスを差し込みます。※この時、出来るだけ隙間が無くなるように詰めるのがポイントです。

クロス挿入

3、そして、バーとクロスの間に弦を通し、弦を引っ掛けてそのままペグを巻いていきます。

弦張る
ペグ巻

4、これを6本同じように巻いて、最後にクロスを抜けば完了です。

弦交換完了
完了

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の方法では、クロスを差し込む事によってボールエンドに逃げ場がなくなるので、ペグを巻いても外れなくなるのです。

こうやってしまうとストラトやレスポールの弦交換となんら変わりありませんよね。

「今まであれだけ苦労していたのは何だったんだ…」

と、少し感動を覚えるくらい簡単に出来ちゃいますので、ぜひ試してみてください。 

コメント

  1. ジョニー大口雄之助 より:

    ナイスなアイディアです!!
    次回から是非使わせていただきます。

  2. ジャック より:

    なんと‼そんなウラワザがあったとは‼
    次回からはそのやり方で弦交換させていただきます‼

    • 赤松 より:

      コメントありがとうございます。
      なかなか億劫なビグスビーの弦交換ですが、これで少しでも楽になれば幸いです(^^)

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。
コメントは承認後に公開されます。