大切な楽器が盗まれないために今すぐできる4つの事 

1-1-1FacebookやTwitterなどでも時々あがってくる楽器の盗難被害の記事。
残念なことですが楽器の盗難被害はなかなかなくなりません。
中でも管楽器は小さくて軽量のものも多くありますので被害にあいやすいかもしれません。

事前に保険に加入するなどという方法があったり、盗難届を出したりと、事後に出来る事も多くあるのですが、犯人が捕まっても盗られたモノはない。
ということもありますので、とにかく盗られないようにする事が第一です。 それでは対策を見ていきましょう。

1.出来るだけ肌身離さずに持っておく。

これは基本ですが鉄則と言ってもいいでしょう。 置き引き、車上荒らし、ライブハウスでの盗難など、どのようなシチュエーションでも盗られるときはいつも目を離した瞬間です。 面倒がらずに出来るだけ持ち歩きましょう。

2.誰かに見張ってもらうか、カウンターなどで預かってもらう。

重量や大きさなどで、どうしても持っていけない場合には近しい人にお願いしましょう。

3.カバーをかける。

これは、どうしても車中に置いておかなくてはいけない時などに有効です。 窃盗犯の目に入らないように工夫しましょう。

4.セキュリティグッズを取り付ける。

これはされてない方が多いかもしれませんが、効果は十分です。
窃盗犯は、犯行に5分以上かかる物品は避けるといわれていますので、鍵が一つついてるだけで心理的なハードルは上がるでしょう。
楽器も種類によっては車やバイクぐらいの金額がするものですから、 セキュリティを万全にしておいても、やり過ぎという事は無いと思います。
車やバイクに使われているような警報機付きのグッズを使ってもいいかもしれません。

機材車をお持ちの方は、機材車ごと持っていかれるパターンもありますので、 そちらのセキュリティもしっかりとしておきたいですね。

どれも目新しい方法ではないのですが、手間がかかる為、おろそかにしがちです。 そういった瞬間に狙われているかもしれません。

防げる部分はしっかり防ぎ、演奏活動やライブを安心して楽しみましょう!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*