【「エフェクターの音作りに困ったらまずBOSS!」実は日本人らしいこだわりが詰まっています】 

BOSS エフェクター

今は本当に数多くのエフェクターが存在する時代となっていて目移りしてしまいますよね。日々サウンドメイクに悩まされている方も多いと思います。そこで今回ご紹介するのはBOSSのエフェクター!

BOSSは最初大阪で創業されたメグ電子株式会社を始めとし、今では世界中で人気のブランドとなっているれっきとした日本の会社です。誰もが一度は触ったことがあるであろうBOSSのエフェクターですが、実に日本人らしい配慮に富んだ設計となっているんです。

【12時が基本】

BOSSのエフェクターは、つまみが12時の状態が「そのエフェクターの特徴を表した基本の状態」なんです。分かりやすいように今回BOSSのODB-3の写真をご用意しました。

BOSS エフェクター2

ODB-3のEQはゼロの状態でロー・ハイをカットした状態、フルテンの状態でロー・ハイをブーストした状態となります。真ん中の12時の状態が一番フラットな状態となるんですね。

現在ではありとあらゆるエフェクターが存在し、多彩なサウンドメイクが可能です。ですがその多彩さゆえに、使いこなすのに時間がかかる!といったペダルもあります。そういう点において古いモデルから最新のモデルまで一貫して12時の状態をフラットとしているBOSSのエフェクターは「誰でも簡単に扱えるという手軽さ」がありますね。

もしBOSSのエフェクターを試奏される際は、全て12時の状態のセッティングから始められる事をおすすめします。そこから自分の楽器・エフェクターなどの機材環境に合わせていくと、すんなりとサウンドメイクが出来ると思います。ぜひお試しください!

【日本人らしいこだわりが随所に】

最初から一貫してモデルチェンジをしていなかったり、人気のある昔のエフェクターの復刻版は出さなかったり(会社の方針として決まっているそうです。つい最近40th記念で初期3モデルの復刻版は出ていましたね)、シンプルなデザインながらこだわりが随所に込められています。

誰でも簡単に扱える手軽さという点においても、こだわりや配慮が感じられる実に日本人らしい商品だなと思います。その辺りも世界中でロングセラーを続けている理由の1つなんでしょうね。

担当:廣瀬

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*