楽器の個人売買が他商材に比べてハードルが高い理由 

エレキギター、エレキベースは店頭でセットアップのサービスを承っているのですが、近年「個人売買のサイトで購入したばっかりで、調整で一通りいい感じにしてください。どこかおかしいところがあったら教えてください」といったご相談をお受けすることも珍しくはなくなりました。 楽器をされる方にとって、どうしても欲しかったモデルがそのタイミングでお店になくて個人売買には出ているという状況はとても悩ましい状況なのでは… 続きを読む

Seymour Duncan Custom Shop P-90 Staple Soapbar 

先日、買取させていただいたギターに珍しいピックアップが搭載されていました。 Seymour Duncan Custom Shop P-90 Staple Soapbar 日本国内では、LUNA SEAのSUGIZOモデルの多くに載っているピックアップのイメージが強いかもしれません。 こちらは、1954年中期にでたLes Paulの最上位機種モデルGibson Les Paul Custom &#8… 続きを読む

ボディ材で音は変わらない?変わる? 

先日、買取をさせていただいたギターのなかにTokaiのTalboがありました。 熱狂的なファン、使用ミュージシャンも個性的。 サスティナー、GKピックアップ搭載のモデファイなど、他ブランドのエレキギターとは違った盛り上がりがあります。 (玩具の光線銃の音が鳴るスイッチが本体に付けられたりしていますね。) GLAYのHISASHIさんがギターを弾いていなかったような層にも一躍有名にさせたのもあり、人… 続きを読む

これ知ってた?2021年製Gibsonに載っているABR-1ブリッジのサドルは… 

先日、買取させていただいた商品のなかにGibsonの2021年製のモデルがありました。 Gibson Les Paul Classic 2021 スタンダードとなにが違うの?ってよく聞かれるんですが、スタンダードに親しい存在で、そのバリエーションと考えると理解しやすいです。クラシックは60年代前半の仕様が元になったモデルです。 メイプルトップ、マホガニーバック、マホガニーネック、ローズウッド指板の… 続きを読む

ギターメーカーの企業努力の賜物「独自技術」をご紹介します! 

ARE

様々なギターメーカーがある昨今ですが、中には聞いたこともないような独自の技術を使って、サウンドを追求しているものも多数存在します。 今回は楽器メーカーがより良い音や使いやすさを求めて生み出した、独自の技術をいくつか紹介します! YAMAHA A.R.E (Acoustic Resonance Enhancement) アコースティック・ギターの重要なポイントは何と言っても鳴りの良さ。AREは短期間… 続きを読む

難読楽器ブランド12選!全部読めたらかなりスゴイかも!! 

8Zakrzewski

音楽は世界共通!日々、様々な国々でいろんな楽器が生み出されています。 そんな中、日本に輸入されてくるものの読み方が難しすぎて楽器屋店員さえも困ってしまうことも…。 今回はそんな読み方の難しいブランドをいくつか集めていましたので、読めるかどうかぜひ挑戦してみてください! 答えは最下部にまとめてあるので、最後に答え合わせをしてみてくださいね! Hughes & Kettner Hughes &… 続きを読む

Bare Knuckle Pickupsパッケージのおじさんって誰なん? 

先日、ブリッジ側だけ無記銘のピックアップに変わっているギターが入荷しており、フロントピックアップのブランドと合わせることにしました。 ピックアップのストックをガサゴソ漁っていると… お目当てのものではないのですが良いものが出てきました。 BARE KNUCKLE PICKUPS!! テレキャスター用のBrown Sugarと、ハムバッカーのセットのStormy Mondayです。 余ら… 続きを読む

冬は楽器愛好家にとって強敵!?指板割れにご注意! 

今季もだいぶと冷え込んで来ましたね。 乾燥が気になるこの時期、楽器弾きには厳しいシーズンがやって来ました。 お話をお伺いしていると、アコギの方は湿度のケアはバッチリされている方も多く、エレキの方は少しその辺りの意識に個人差があるように感じます。 管理を気をつけていかないとネックの反りだけでなく、指板の割れが起こるかもしれません。 買取させていただく際やウェブに商品を掲載する前、調整時、出荷前に確認… 続きを読む

「初心者の中で、脱落しなかった10パーセントは一生ギターを弾き続ける」 

FenderでJ MASCIS TELECASTERが発表になりましたね。 皆さんはフェンダーのページはチェックされましたか? ELECTRONICSのSwitchingの箇所にはBridge and Neck Pickups (Out of Phase)と表記されており、さらりとミックスポジションがフェイズアウトサウンドになっているのには思わず声が出ました。 それはさておき、今回Fender.c… 続きを読む

ギターによって様々!トラスロッドナットについて 

ギターにとって重要な、ネックの反りを調整する「トラスロッド」。基本的な仕込み方や使用方法は同じですが、調整のためのナットやネジの位置は様々です。今回はよくある代表的なものから、ちょっとマニアックなものまで、画像付きで紹介いたします。 ギブソン・タイプ こちらは一番よく見かけるタイプですね。ヘッドのナット付近にカバーがついていて、ネジを外すと内部に調整用の六角ナットが出てきます。こちらを左右に回すこ… 続きを読む