スマートフォン版はこちら

「ワクワク」を生み出すためのこだわりが詰まった店。

才川 昭洋

(さいかわあきひろ)

担当:ベース

20歳の時に先輩からベースを譲り受け、バンド活動を開始。
決して早いスタートではなかったものの、すぐさま才能を開花する。
バンド自体もみるみると人気を博し、CDリリース、全国ツアー、
ラジオ出演など絵に描いたようなバンド道を驀進する。
順風満帆な活動だったが"よくある理由"で数年間で解散、
使用していたベースはさらに後輩へ譲ることとなる。
後日、ライブでそのベースを演奏する後輩の姿を見た時、
「自分の想いが詰まっている、いやそれだけではない、
譲ってくれた先輩の気持ちが今わかる」と胸を打たれる。
これをきっかけとして「その橋渡しができる存在になりたい」、
「多くの人に感動を伝えていきたい」と思い入社。

あなたの仕事の内容は?

店舗、ネットを問わず、Qsicのファンを作る(増やす)ことが主な仕事です。
お客様には気持ち良く利用していただくため、どのようなサービスを望まれているのかを常に汲み取れるように心がけています。
大企業では難しいかもしれませんが、私達の規模だからこそできる柔軟で小回りの利いたサービスはきっと喜んでいただけると思います。

店舗における役割は?

部下の育成です。
店舗の発展には人の成長が必要不可欠な要素だと考えていますので、まずは私の知識や経験、考え方をしっかりと伝え、成長を促してあげることが一番の役目だと思っています。
その後はそれぞれが自分自身で考えて判断・行動ができるように、私が持っている権限もできるかぎり移譲していきたいと考えています。
これを通じることで、私自身もさらに成長できると思っています。

将来の夢は?

お客様、関係者を含め、自分のファンが多くいるスタッフになることです。
人との繋がりを大切にして、そこから生まれる新しい出会いや縁を活かし、お客様へ還元できるスタッフになります。
「才川さんだから買う(売る)」、「才川さんがいるからQsicへ行く」と言っていただけるスタッフになりたいと思っています。

仕事において心がけていることやこだわりは?

特に接客の際ですが、笑顔で接することや会話を弾ませることなど、お客様との距離を縮めることを意識しています。
年齢や性別はもちろん、されている音楽のジャンルやそのレベル(初心者なのかプロなのか)、さらにはその日の気分など、一人ひとり全く違うお客様ですが、もれなくご満足していただけるように考え、行動するようにしています。

どのような気持ちで楽器と触れ合っていますか?

次に手にする人のことを思いながら触れ合っています。
私ごとではありますが、6年ほど前にライブで上京した際、空き時間に池袋の楽器店で新しいベースを購入しました。とは言ってもライブでは使わないし、機材車も既にパンパンでしたのでお店から兵庫県の我が家まで送ってもらうことにしました。
ライブ等で結局受け取れるまで4~5日かかったのですが、その間のワクワク感やハードケースを開けたときの感動、スタジオで大きな音で演奏したときの嬉しさは今も忘れられません。

そういう気持ちで待ってくれているお客様の顔を思い浮かべながらお届けしています。

※この回答は2014年3月におこなわれたものです。

スタッフ一覧