スマートフォン版はこちら

『元気な挨拶』で老若男女が入店しやすい雰囲気作り

大西 遼馬

(おおにしりょうま)

担当:エレキギター

某大手新聞社に勤めながらバンド活動をおこなっていた頃、WEBショッ
プに興味を持つようになる。ギター好きが興じて楽器関連の仕事に
移りたいと思っていたところ、偶然Qsicを見つけ入社。本人もその時に
知ることとなるが、キュージック初のスタッフとなる。
当時QsicはWEBのみで営業をおこなっており、想像していた職場と
若干の差異を感じつつも楽器の良さ、楽しさを人一倍感じる性格は、
それを伝播させたいと日に日に強く思うようになる。
入社後わずか1年で店のほぼ全てをマスターし、社長に実店舗の
出店を直談判(これが通らなければ現在のQsicは存在していない)。
実質的にQsicの礎を築いた第一人者。

あなたの仕事の内容は?

主にギターの査定、仕入れ、検品、メンテナンス、リペア、WEBへの商品掲載など、弦楽器及び弦楽器チームを管理・監督しています。
その他、動画撮影の指揮、WEBページの管理などもおこなっています。

店舗における役割は?

弦楽器のリーダーを担当しております。
メインはエレキギターですが、アコースティックギターやエレキベースも担当します。
お客様に最高の状態でお届けできるように、クリーニングやメンテナンスのクオリティアップから若手の育成に至るまでQsicブランドの創造に力を注いでいます。
弦楽器でお悩みの事があればいつでもお気軽に相談してくださいね。

将来の夢は?

今よりもさらに認知度を上げ、Qsicの自社ビルを構えて仕事をすることです。世の中にまだ存在しないサービスをどんどん作り出し、広め、最終的にはミュージシャンにとって「キュージックに行けばすべて完結できる」、そんな空間を作れれば最高だと思います。

仕事において心がけていることやこだわりは?

「中古楽器専門店」として、ネットオンリーのお店やリサイクルショップとは一線を画すクオリティを商品に与えられるよう、1本1本の調整に注力しています。調整させていただいたギターが「弾きやすい」、「弾きやすくなった」と仰っていただけることが、私の一番のやりがいです。

どのような気持ちで楽器と触れ合っていますか?

楽器店において楽器とは「販売する為の商品」であることは間違いないですが、この楽器を通じて与えられる、様々な出会いや感動的な出来事などは数えきれないくらいあります。
そんな出会いを繋いでくれる楽器は、今では私にとって「なくてはならない、かけがえのないモノ」と思える存在です。これからも沢山の楽器に触れていきたいと思います。

スタッフ一覧