スマートフォン版はこちら

記事一覧

中古の安ギターを弾こう!のコーナー(第8回:EDWARDS E-FR-130GT) 

中古の安ギターを弾こう!のコーナー (第8回:EDWARDS E-FR-130GT) ※Qsicのエレキギターの調整、出品までを担当しているスタッフが試奏レビューいたします。 ※当店販売価格が5万円程度、またはそれ以内で販売されているものを”中古の安ギター”と定義してピックアップした個体が登場します 。 マイクを通して録った音やインターフェイスを通して録った音より、やっぱり実感してみないとわからな・・・ 続きを読む

中古の安ギターを弾こう!のコーナー(第7回:Bacchus BJM-82 MG)ジャズマスタータイプが5万円以内!? 

中古の安ギターを弾こう!のコーナー (第7回:Bacchus BJM-82 MG) ※Qsicのエレキギターの調整、出品までを担当しているスタッフが試奏レビューいたします。 ※当店販売価格が5万円程度、またはそれ以内で販売されているものを”中古の安ギター”と定義してピックアップした個体が登場します 。 マイクを通して録った音やインターフェイスを通して録った音より、やっぱり実感してみないとわからない・・・ 続きを読む

あなたのギターは大丈夫?すぐにできる楽器の健康診断。ギター編 

急に肌寒くなってきて、冬がそこまで来てるように感じます。 季節が変わると、楽器の状態も変わってしまいます。 特にギターやベースのネックは、気温や湿度の変化に敏感です。 また、ネックの状態は、音色や演奏性に直結しており、パフォーマンスを大きく左右します。 今回は、誰でもすぐに診断出来る部分を、項目ごとに紹介していきます。 異変を感じたときは、お気軽に当店までご相談下さい!! ●電装系のノイズチェック・・・ 続きを読む

最近なんか弾きにくい…。フレットすり合わせのタイミングについて 

1

ギターの修理について「フレットすり合わせ」ってよく聞きますよね。いったいどんな修理なのでしょうか?今回はすり合わせについて簡単に説明をさせていただきます。 フレットすり合わせとは 長年愛用していたギターは、弦との摩擦によってフレットの山が削れてしまいます。そのままでは隣のフレットよりも低くなってしまい、ビビリや音づまりの原因となってしまいますので、フレットの頂点を均一にしてあげる必要が出てきます。・・・ 続きを読む

過酷な環境にも耐えるステージ用ギターを持とう! 

通常使用が可能で良好なコンディションの竿ものに納得購入サポートというサービスをつけています。試奏ができない遠方のお客様が商品の到着から3日以内に申請すれば返品ができるweb販売のみのサービスです。(もちろん傷をつけない手を加えないなど最低限のルールはございますが…) 思っていた音と違った(or 色と違った)という理由で帰ってくるギターもございますが、ネックまわりもこのサービスで帰ってく・・・ 続きを読む