スマートフォン版はこちら

記事一覧

場所によって違う?! ~楽器は元は植物です!~ 

1-_MG_0830

先日、テレビを見ておりましたら、色んな職業の方がいらっしゃる様で 「熱帯にある新種の植物を探しに行く方」 に同行取材するものがありました。 内容の詳細は割愛いたしますが、非常に興味深く思ったことがございました。 それは 「全く同じ品種でも生育環境が違うだけで、模様・色・形が変わる」 という点でございました。 素人の目からすると、「違う種類なんやろな」と思って見ていたものが、全く同じもので、「違う場・・・ 続きを読む

望郷のアーティストモデル 

_MG_0954

1990年代に思春期を過ごしました私は、他の世代の方に比べますとアーティストモデルに対して思い入れが強い世代だと思います。 80年代後半から日本ではバンドブームが起こり、人気のアーティストたちが次々と雑誌やテレビに登場するようになり、CDなどのセールスも青天井だった時代でございます。 全員とは言いませんが、かなりの割合の中高生は本気で「音楽で身を立てたい」と一度は考えていたのではないかと思います(・・・ 続きを読む

汚れたタンポの状態ご存知ですか??~サックス編~ 

木管楽器を購入する際、店員さんから「定期メンテナンスしっかりして下さいね!」や周りから「ちゃんと手入れしいや」などメンテナンスについてかなりしつこく言われると思います。 正直な所、修理費用も安くないし1週間ほど預けないといけないし、なんならまだまだ吹けるし・・・。と憂鬱になりがちですよね。笑 今回はなぜそこまで言われないといけないのか紹介したいと思います! そもそもメンテナンスで何を確認するの? ・・・ 続きを読む

湿度とギター 

今年もジメジメとした季節がやって来ました。 木で作られた楽器は湿度が高過ぎるとテキメンに鳴りが悪くなります。特にオール単板のギターなどに顕著ですが、この場合は塗装されていないサウンドホール内から木材が吸湿、膨張してしまうことが原因です(ちなみに高湿度の空気それ自体は、乾燥した空気に比べて音の伝達効率に優れている、という面白い話がありますが・・・今回は割愛します)。 基本的に楽器に適した湿度は50%・・・ 続きを読む

【Q速】Gibsonのラウンドショルダーが続々入荷!

只今、ギブソンのラウンドショルダーが立て続けに入荷しております! 手前から奥に向かって ①J-50 ADJ(1968年) ダウンベリーブリッジ、39mmナローネック仕様。アジャスタブルサドルから固定サドルへの改造が施され、L.R.Baggs Anthemがインストールされた実用性重視のヴィンテージです。 ②1960’s J-45 Adirondack red spruce Tribur・・・ 続きを読む