【入荷特報】天下無双のブランド MATCHLESSのSuper Chief 120が奇跡の入荷 

MATCHLESS Super Chief 120

MATCHLESS Superchief 120 (Sampson era 1995年製)を買取させていただきました。
出力トランスのデイトが95ですので、1995年製と思われます。

MATCHLESS創業メンバーの時代(通称Sampson era)に製作された貴重な逸品。
諸説ありますが、世界でも50台~多くても70台ほどしか製作されていないと言われています。

MATCHLESSではおなじみのライトアップ。
気分も上がります。

MATCHLESS Superchief 120

マッチレスアンプで真っ先に上がるモデルが、DC-30です。
その30Wのアンプに対して、4倍もの数字になる120を付けたSuperchief。

MATCHLESSのラインアップでも珍しい、大出力設計です。


(4本のEL34)


(2本の5AU4)

Superchief 120を作るに当たり、チーフ設計者のマークサンプソン氏は、
「私の主な目標は、本当に大きな音を出すアンプを作ることだった。」
「当時は40ワット以上のアンプがなかったが、100ワットを求める人も多くいた。
40ワットと100ワットの音量を比べても、100Wがわずかに大きくなるだけだが、ヘッドルームが広い分、ラウドでクリーンなアンプになる。」と語っています。
ピッキングへのレスポンスも非常に敏感で、歌うようにギターを演奏できるでしょう。

流通が非常に少ないモデルですが、日本ではChar氏が使用していることでも有名。
Char氏の動画サイトでは、実際にSuperchief 120を使って演奏している姿も確認できます。
ぜひ一度ご覧ください。

こちらのSuperchief 120は、100V日本仕様で正規輸入品という安心感もあります。

「ドライブサウンドは、アンプで歪ませてこそ」
とお考えの方にはぜひお買い求めいただきたい一品。

当店では防音室も完備しております。
大音量でこのアンプを試したいという方も、ぜひ一度お問い合わせください。

Matchless Amplifiers

MATCHLESSは1989年、マーク・サンプソンによって創業。

「MATCHLESS(無双、天下の意)」という名前は、「妥協のない」アンプを目指すという志しとともに付けられた名前。

しかし、1998年に惜しくも経営破綻。

その後、2000年に新体制でスタート。
現在は、創業メンバーと一緒に仕事をしていたフィル・ジャミソンがチーフデザイナーになっています。

当店販売サイトより(このページでもご注文可能です。)

※このページでもご注文可能ですが、たくさん画像をご用意しておりますので商品ページもご覧ください。
Matchless Super Chief 120 [MI755]

買い取りもおこなっております。

この商品の売却をお考えの方は、無料査定フォームからお申し込みください。

買取のご依頼はこちら

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。
コメントは承認後に公開されます。