知られざる、ピエゾピックアップの技術の裏側 

楽器の振動を電気信号に変えて発音するピエゾピックアップ。
様々なアコースティック楽器に使われ、便利なアイテムです。

ピエゾピックアップの材料は、特殊なセラミックスが使われています。
それは、力を加えると電圧が発生する性質を持っています。
この原理のことを、圧電効果と言いますが、これを利用して作ったピックアップがピエゾピックアップです。

この圧電効果の開発のきっかけは、実は意外なところにありました。

第一次世界大戦中に、潜水艦の開発をきっかけに
「圧電効果、便利じゃない?」
となったそうです。
ピエゾに電気信号を与えることで水中に振動を与え、そしてその振動波が対象物に当たって反射され戻って来るのをまた別のピエゾに感知させていました。
こうして、その対象物までの距離を図ることが出来たそうです。

ここから圧電効果に関しての研究が盛んになりました。
後々、レコードプレーヤーやガスライター、リモコンやインクジェットプリンターまで、私たちの暮らしを便利なものにしてくれたのです。

戦争がきっかけというところが皮肉ではありますが、今となっては無くてはならない技術ではないでしょうか。

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*