どれだけ知っていますか?! ~とっても多い「限定Ver」編~ 

本当に、「いろんな限定バージョンがあるなぁ~」と入荷の度に思う商品がございます。

それは、
Fender Blues Juniorシリーズでございます。

こちらの商品自身の説明はする必要もない程、知名度・人気ともにトップクラスのチューブコンボアンプかと存じます。

・自宅でもチューブサウンドでギターを弾きたい・・・

・LIVEとまではいかないけれど、知り合いのお店でちょっと音を出したい・・・

・友達の結婚式の2次会で・・・

というようなギタリストの要望に見事にマッチしているのが、こちらのモデルの特徴であり、人気の秘訣ではないでしょうか。

仕様や、このアンプが持つ特徴を掘り下げていくのも面白いかとは思うのですが、今回は「見た目」にフォーカースを当てていきます!

まず、最もスタンダードなのが、「黒のトーレックス」でしょう。
kuroino

お次は、「白色」でしょうか。
whiteeee

次に、Fender製品で根強い人気を誇る「ツィード」。
tuiiiiido
この時点で既に3種類ございます。

「3種類程度であれば、カラー展開している商品なら普通じゃないの?!」

という所ですが、それだけでは収まらないのがこのアンプを採りあげた理由でございます。
ここからご紹介する仕様は、数量限定生産モノばかりですので、探しても簡単に見つかるものではないかと思われます!

<2006年限定 メイプルウッドVer>
こちらは、限定100台しか生産されておりません。
※今までに何度か入荷しましたが、画像は残っておりませんでした。

<2008年限定 TEXAS RED Ver>
鮮やかな真っ赤なトーレックスが目を引く派手な1台です!
※今までに何度か入荷しましたが、画像は残っておりませんでした。

<2012年限定 Black Paisley Limited Ver>
ギターでもペイズリー柄のモデルを出していたFenderですが、Blues Juniorでも採用しておりました!
※こちらは入荷したことがございません。いつか現物を見てみたいモデルです!

<2012年限定 Bordeaux Blues Ver>
TEXAS REDとはまた違い落ち着いた色味の赤系モデルです!
※こちらは入荷したことがございません。いつか現物を見てみたいモデルです!

<2012年限定 Surf Green Ver>
Fenderの中で人気カラーの一つ、サーフグリーンです。
アンプにも使われているのはあまり知られていないのではないでしょうか。
※入荷した実績はありましたが、画像が残っておりませんでした

<2013年発売 Ash Woody Ver>
外装をアッシュ材を採用し、杢目を活かし、紫のネットと金色のストライプを採用した奇抜なモデルでございます。
国内入荷5台のみということで話題となりました!
※入荷した実績はありましたが、画像が残っておりませんでした。

<2014年限定 マホガニーVer>
こちらも、限定100台のみ生産。
※今までに何度か入荷しましたが、画像は残っておりませんでした。

<2015年限定モデル Butterscotch Woody Ver>
Ash Woody Verによく似ているモデルですが、Fenderとは切っても切れない「バタースコッチ」カラーのアッシュ材と鮮やかな赤いネット、シルバーの金属感がギュッと外観を引き締めている高級感のあるモデルです。
※入荷した実績はありましたが、画像が残っておりませんでした

<2017年 発表 Bordeaux Reserve Ver>
ワインレッドなサイドのトーレックスとホワイトの2色にいわゆる小麦色のネットが魅力なモデルです。
※こちらは入荷したことがございません。いつか現物を見てみたいモデルです!

<2013年限定 Ruby Red Sparkle Ver>
今回始めて入荷してまいりましたのがこのモデルでございます。
国内入荷、わずか20台とのことです!

4-1

まだまだあると思うのですが、当店に入荷したことがあるモデルや、いつか見てみたいものなどを中心にまとめてみました。

本当に限定モデルの多いアンプですよね。
これだけ種類が多いとなりますと、何台も欲しいと思ってしまうのも人情というものでしょうか(笑)

また、珍しいモデルが入ってまいりましたら、WEBに掲載しますので確認いただけると幸いです!
お探しのモデルが入ってくるかもしれません!

お気軽にコメントしてください。

内容に問題なければ、コメントを送信してください。

*